SUN MOTOYAMA

ブログBlog

お出迎え

出迎え3歩見送り10歩

【写真上:扉を開けてお出迎えするスタッフ】

 

銀座本店のレディス&ジュエリーは約3年間、仮店舗として構えていた銀座銀座凮月堂ビル2Fでの営業を終えて、東京銀座朝日ビルに戻り、移転オープンしました。ビルの、向かって左側から、ホテルのハイアット・セントリック(2018年1月22日開業予定)のエントランス、ロレックス、ルイ・ヴィトン(2018年1月20日開店予定)、そして我々サンモトヤマ。

全店が出揃う時を想像しながら、店と反対側の歩道からウインドーを覗く歩行者や店内を歩くお客様の姿を眺めていると、ワクワク感でいっぱいになりました。銀座並木通り6丁目ブロック全体が一つの景色で、その一部がサンモトヤマで・・・そんなことを思い浮かべながら、スタッフの仕草や動作を見ていて、接客は4段階の所作から成り立っていると改めて気づきました。

 

ご案内

 

【ご案内】

 

先ず、お客様をお迎えするときは、迎えの場所から3歩踏み出す、“出迎え3歩・・・”です。直接ドアに手を添え店に入ろうとするお客様はもちろんのこと、ウインドー越しに店内を覗き込む姿を見かけると、スタッフ自ら扉を開けて外の方々にお声掛けをして、店内にお招きします。

次に“案内”です。お客様に目的を聞き出すタイミングを図り、お声を掛け、レディスであればエレベーターで2階まで、またメンズ・インテリア/カーペットであれば、銀座凮月堂ビル4階まで、スタッフがご案内いたします。

 

接客

 

【銀座本店1Fでの接客】

 

そして接客のクロージング、販売です。目的買いのお客様は直ぐお帰りになりますが、基本的にはお客様の人数分だけのパターン(時間)が存在します。豊かな時間を過ごして頂くのがサンモトヤマの姿勢なので、買い物が終わってから茶菓をお出ししたり、世間話をされたりして帰る方もいる為、スタッフは聞き上手である事が求められます。そして、最後にお見送りする時は10歩先まで出てお送りする“・・・見送り10歩”です。“ありがとうございました”の単純な言葉ではなく、帰る時間帯、天候や季節により異なるカスタマイズされた最後のお声掛けをします。

 

お見送り

 

【店舗の外までお見送り】

茂登山ブログ 記事一覧に戻る