SUN MOTOYAMA

ブログBlog

DSCF9717_

スタイルのある店

扉を開けて店の中に踏み込んだ瞬間、「この店は、何かが違う!今まで私を待っていてくれたみたい!楽しそう!」と思わず引き込まれたことはありませんか?

そのような店の中には、Deja-vuのような感覚のどこかなつかしさを覚える引力が全体に漂っています。ディスプレイされた商品や販売スタッフの仕草、店内装飾、晴れの日に注ぎ込む外光からカーテンに写る街路樹の影まで、目の前に見えるディテール全てが素敵に映ります。

 

DSCF9742_

 

それが“スタイルのある店”です。独自の流儀で、スタッフの身なりと接し方、商品の審美眼、スタイリング、インテリアに至るまで、さり気なくも考え尽くされた方程式の基、共鳴・共存しています。料理に例えるのであれば、素材・調味料・器が上手く和えられていて、良い塩梅でバランスが取れていることです。“スタイルのある店”には、そんな落ち着きが自然と佇まいに表れ、店を訪れる人を魅了するのでしょう。

 

DSCF9711_

 

重要なのはその提案が誰かの真似ではなく、サンモトヤマ自身のモノである点です。相手に合わせ過ぎず何をどう着こなすか、家具であればどう使って貰いたいのかというコンセプトがきちんと存在し、それが店の佇まいに現れます。ファッションだけではなく、インテリアやアート、ギフトを通して、暮らし方に自分らしい“スタイル”を持つ大切さをサンモトヤマは発信し続けます。

 

DSCF9727_

 

茂登山ブログ 記事一覧に戻る