SUN MOTOYAMA

ブログBlog

20181218blog3

ロンドンからのメリークリスマス

2018年も残すところわずかとなりました。クリスマスが近づくと、家族や大切な人たちと一緒に食事をし、一年の感謝を伝え、さらに絆を深め合う方も多いのではないでしょうか。街を歩けば、輝くクリスマスのウィンドウディスプレイが目に飛び込んできて、心が躍ります。近年、日本でもクリスマスのウィンドウはこの季節の風物詩となっていますが、やはり海外の盛大さにはかないません。特にロンドンには。

 

 

20181218blog2

 

 

クリスマスのロンドンは、街がウィンドウの飾りと共に最も美しく輝く時です。通りごとに趣向を凝らした演出で、あたかも光のアーケードを通り抜けるかのようです。ハロッズでは、11月中旬頃からワンフロアを丸ごとクリスマスデコレーションで埋め尽くし、ハーヴェイ・ニコルズもさることながら、フォートナム&メイソンのこだわりは特に際立っています。思わずディスプレイされている食材を、ガラスの外から手に取りたくなります。

 

 

20181218blog1
主役が小さくとも、一際輝く宝飾店のウィンドウ。歩行者も顔をガラスに擦り付ける位近づけて、見入っている姿が目立ちます。そして私が見ていて、心がほっとさせられたのが、ポールスミス。色と遊び心が溢れた小窓のディスプレイは、かつて訪問した彼のオフィスそのもので、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようです。

 

20181218blog4
ウィンドウに見入っていると、ウィンドウからふと「今年もありがとう」の声が聞こえて来るような気がします。一年無事に過ごし新たなクリスマスが迎えられる感謝の気持ちが街一杯に漂っています。

茂登山ブログ 記事一覧に戻る