SUN MOTOYAMA

ブログBlog

20190111blog2

アップサイクリング

《写真上:メルシー》

 

初めてパリのセレクトショップ「Merci/メルシー」を訪ねた時のことです。どこからどう見ても廃材にしか見えない家具の片割れなどで作られた、コートハンガーに人だかりが。POPには“UPCYCLING:アートで甦らせる”の一言が書かれていました。これが私とアップサイクリングとの最初の出合いでした。

 

 

20190111blog1

《メルシーで出合ったコートハンガー》

 

リサイクル(RECYCLING)は元の状態での再利用、ダウンサイクル(DOWNCYCLING)は元の物の価値を下げての再利用ということは皆さんもご存知でしょう。では、“アップサイクリング(UPCYCLING)”はあまり聞き慣れない言葉ではないでしょうか。アップサイクリングとは、元の物の価値よりも高めた(UP)再利用のことで、サステナブル(持続可能)な新しい価値感の創造を意味します。つまり付加価値を与え、以前より価値のあるものに蘇らせる活動のことです。エコやファッションの分野では、古い素材を使ったお洒落な製品が作られています。

 

20190111blog3

《かつて風車に使われていた「泰山堂」の古木を使い、鍛金作家・坂井直樹氏に製作を依頼した花器/サンモトヤマ オリジナル》

 

サンモトヤマのアート・ライブラリーでは、共感・共鳴し合える人々のプラットフォームとして、独自のアート性や美しさを加えたアップサイクリングの商品を発信しております。アップサイクリングという言葉も少しずつ広まり、注目を集め始めている今、サンモトヤマ独自のセレクトを是非ご覧ください。そしてここ銀座から私たちと一緒に発信したいと思ってくださるクリエーターの方がいらしたら、お気軽にお声がけいただければ嬉しいです。

 

20190111blog4

《紳士服地の生地を巻くために使用していたボビンをテーブルに/サンモトヤマ セレクション》

茂登山ブログ 記事一覧に戻る
NIPPON DESIGN

Upcyclingアップサイクリング

使用済または経年変化で価値が低くなり捨てられる運命にある古い品を再(RE)利用するだけでなく、芸術性と美しさを与えデザイン(UP)する活動です。付加価値を与え以前より価値のあるモノに蘇らせます。

Upcycling 活動一覧に戻る