SUN MOTOYAMA

ブログBlog

20190524blog_KAKI02

継ぐ、アップサイクリング
~KUMAMOTO UTSUWA
REBORN PROJECT~

銀座本店アート・ライブラリーでのイベント「アップサイクリング 新たな美的価値の創造」を開催するにあたり、幼い頃によく両親に言われた、“ものを大事にしなさい”“形あるものはいつかは壊れる”という言葉を思い出しました。

 

今回のイベント開催のきっかけとなったのは、KUMAMOTO UTSUWA REBORN PROJECT代表の太田黒哲さんとの出会いでした。

 

20190524blog_2

 

 

太田黒さんは、熊本地震で破損した陶芸家達の作品の破片を、輪島塗の職人達の“金継ぎ”で新たな花器、茶碗、茶入れなどの作品に蘇らせる活動をしています。日本には、壊れたものに、新たな息吹をもたらし、使い続ける“継ぎ”という習慣があります。その習慣を体現しているのが、伝統技術の“金継ぎ”です。器の破片や欠けた部分を漆で接着し、金銀等の金属粉で装飾する技術。東日本大震災の際に、大切な器が割れてしまった方が多く、再度注目されています。

 

陶芸家は多くいますが、割れた際の修繕を営む職人は少ないのが現状です。が、作品に対する作り手の想いを大切にしたいと願う人達は着実に増えているように思えます。金継ぎした部分を“景色”と呼ぶそうです。その先には、日本独自の“愛でる”という文化が見えます。金継ぎには単なる伝統技術だけではなく、美的価値を通じ、ものの命のリスタートと感謝の気持ちが込められています。

 

 

20190524blog_3

 

今回は、情熱を注ぐ7名とご縁があり、また、地球レベルで持続可能な開発を提唱する国連開発計画(UNDP)の理解を得て、銀座からアップサイクリングの認知度向上を目指し、発信するために「アップサイクリング 新たな美的価値の創造」を企画しました。是非これを機に、皆様も知れば知るほど奥深さを感じさせるアップサイクリングの世界に触れてみてはいかがでしょうか。

 

20190524blog_4

 

◆アップサイクリング 新たな美的価値の創造

日時:5月25日(土)~5月27日(月)

11:00am~7:00pm (日曜日は6:00pmまで)

場所:銀座本店 アート・ライブラリー

Google Maps
詳しくはこちらをご覧ください。

茂登山ブログ 記事一覧に戻る
NIPPON DESIGN

Upcyclingアップサイクリング

使用済または経年変化で価値が低くなり捨てられる運命にある古い品を再(RE)利用するだけでなく、芸術性と美しさを与えデザイン(UP)する活動です。付加価値を与え以前より価値のあるモノに蘇らせます。

Upcycling 活動一覧に戻る