SUN MOTOYAMA

ブログBlog

20161110blog01

GO ON

サンモトヤマの大切している活動のひとつ、NIPPON DESIGNでお付き合いのある、京都のクリエイティブユニット「GO ON」。

 

ものが溢れる現代、「豊かな生活て何だろう」をテーマに、パナソニックとGO ONによる、伝統工芸と最先端の電化製品を組み合わせた夢の電化製品の紹介イベントが京都の町屋を借りて開催されていたので、行ってきました。1年前にパナソニックデザインチームの若手メンバーとGO ONメンバーの意見交換会として発足したこの会。お互いの工房や仕事場を訪問し合ううちに、何か形に残さなくてはとの目的が芽生え、この度のプロジェクトが生まれたそうです。

 

20161110blog04

 

白物家電の三種の神器を持つことが生活の豊かさの象徴と言われた高度成長期を経て、売らんが為の機能重視のもの作りには、単に需要を呼び起こす手段としてのデザインが用いられている気がします。しかしその一方で、手仕事に重きを置いた伝統工芸の世界では、デザインに無駄な部分はなく、技術の継承と日常生活の中で作品が如何に使われるかを悩みながら、日夜技術を磨いています。

 

20161110blog02

 

一見接点がないと思われる二つのデザイン志向。伝統=文化と開発=文明のこの度のコラボです。手を触れると発生する静電気で音楽を奏でる「細尾」の生地を使ったスピーカー。持ち上げると香りが立ち昇る「金網つじ」の網香炉。光源が見えない「公長齋小菅」のランプ。蓋を掛けると内臓されたスピーカーから音が出る「開花堂」の響筒。そして「中川木工芸」からは、氷も水も使わず冷酒を愉しめる木桶や、回転水流を起こす水甬などが発表されていました。これからのデザインの近未来が伺えた貴重な機会でした。

 

20161110blog03

茂登山ブログ 記事一覧に戻る
NIPPON DESIGN

NIPPON DESIGNニッポンデザイン

日本の文化伝統に裏打ちされた匠の技が凝縮された美をGINZAサンモトヤマから発信しています。デザイン性、アート性のある、生活に密着した優れた商品をご紹介します。

NIPPON DESIGN 活動一覧に戻る