SUN MOTOYAMA

ブログBlog

鎌倉彫茶托

NIPPON DESIGN 進化する伝統

【写真上:放射状に繊細なラインが彫られた茶托】

 

“鎌倉彫”は、シャープなデザインを好む私にとって、どこか古めかしさを感じ、これまで縁が遠い伝統工芸でした。ところが、鎌倉鶴ヶ岡八幡宮前にある「博古堂」との出会いにより、そのイメージは一変。700年近い歴史と伝統を、次の時代へワープさせ、独自の創造性を感じさせてくれたのが、「博古堂」の作品です。

 

鎌倉彫のクーラー

 

【鎌倉彫のクーラー】

 

樹齢200年を超え、緻密で弾力性に富む北海道産の桂の木に施す彫には、力強さと大胆さに加え、相反する柔らかさと優しさを感じます。また、機能性に加えて人の温もりも存在するのです。さらに、鉱物顔料を合わせた漆を20以上の工程で塗り、陰影を醸す深い黒に仕上げ、独自性を表現しています。

 

鎌倉彫ランプ

 

【雲をイメージした鎌倉彫のランプ】

 

4代目を継ぐ後藤圭子さんは、東京芸大の出身。多種多様な美しさの表現を五感で吸収してきた経験から成し得る業が、伝統工芸の鎌倉彫に新しい息吹を吹き込んでいます。銀座を発信基地としてサンモトヤマでも紹介してまいります。

 

鎌倉彫香蓋

 

【雲をイメージした鎌倉彫の香蓋】

茂登山ブログ 記事一覧に戻る
NIPPON DESIGN

NIPPON DESIGNニッポンデザイン

日本の文化伝統に裏打ちされた匠の技が凝縮された美をGINZAサンモトヤマから発信しています。デザイン性、アート性のある、生活に密着した優れた商品をご紹介します。

NIPPON DESIGN 活動一覧に戻る