SUN MOTOYAMA

ブログBlog

IMG_0615

花のある生活

海外出張で馴染みのホテルに3泊以上する際に、習慣にしている事が3つあります。

1つ目は、夕食後の至福のひと時に欠かせない葉巻とウイスキーの小瓶を購入、

2つ目は、仕事の後にオペラやバレエ鑑賞するチケットの購入、

そして3つ目は、アポイントの無い日曜日をはさむ時に、近くの花屋で気に入った一輪の花を買う事です。

泊まり慣れているホテルとはいえ、外出先から戻り、テーブルの上にある一輪の花を見ると、心が落ち着きます。

 

DSCF9128

 

その花を生ける器は、決して豪華な必要などありません。あえて、シンプルなグラスを花瓶に見立て、一輪の花や葉っぱ一枚でさえも生けると不思議に映えるものです。グラスは花瓶より値頃感があり、複数用意してその日の気分で変えたり、サイズやデザインの異なるグラスを並べて楽しむのも良いかと。それなら、多種多様な草花を一度に愛でられます。

 

DSCF9127

 

私は花を愛でたい気分の時に、お気に入りのバカラのヴィンテージグラスやシンプルな木村硝子のグラスを使います。“飲む為のモノを花瓶代わりに使うのは・・・”と思うかも知れませんが、あまり用途を決め付けないことが面白く、気軽に楽しんでみるのもおすすめです。皆さんも常識にとらわれず、身近な器を、花を“生ける”器に変えてみてはいかがでしょうか?

茂登山ブログ 記事一覧に戻る