SUN MOTOYAMA

ブログBlog

DSCF9186

サンモトヤマのMDコンセプトNo.1「誠実なもの」

【写真上:ビンハウスのショール】

 

サンモトヤマには、MDコンセプトとして5つのキーワード

「誠実なもの」「スタンダード」「シンプル」「シック」「センス」があります。

今後、キーワードごとに、その意味をお伝えしていきます。

まず、1つ目は「誠実なもの」です。

産業革命、高度成長期、そして21世紀。機械文明が進み、AI等の進化により、人間の仕事が世の中からなくなると言われ、機械化による効率化が加速度的に求められる時代になっています。その結果、使い手を思い、真摯に美しいモノ作りをする精神は失われ、モノと日々の生活の質が落ちてきてしまったように感じます。逆に、量から質への価値の転換を求める声が聞こえてくる今、サンモトヤマは、改めて日常生活を豊かにしてくれる「誠実」に作られたモノに向かい合っていきます。

 

DSCF9206

 

【キヴィアックのセーター】

 

誠実に作られたモノは、量より質を求めていることが第一条件です。質の良い素材で手間を惜しむことなく、手仕事により作られたもの。目立たせるための余計なデザインや装飾は省き、一過性の流行に左右されず、居心地の良さを感じさせ、長く付き合う中で愛着と馴染みが増していきます。

 

DSCF9193

 

【メンズジャケットの生地見本】

 

大事に手作業で作られたものだからこそ、モノとして飽きのこないデザインと耐久性を持ち、自分に寄り添い日常を快適にし、心も体も豊かにしてくれるのです。それを可能にしてくれるのが、作り手の職人技(機能性、厳しいチェック、細部までの丁寧さ等々)です。飽きのこないスタンダード且つアナログ的な素材、製作工程、磨きに向かい合う姿勢こそ、クリエイティブではないでしょうか。

このような暖かい手仕事をひとつでも多く、紹介していきます。

次回は、「スタンダード」についてです。

 

DSCF9178

 

【佃真吾氏の二段重箱】

茂登山ブログ 記事一覧に戻る